完全オーダーメイド

一貫生産体制

“最終完成品までをつくることのできるトータルメーカー”としての強みを生かし、
幅広い分野に箱物板金加工製品を展開しています。

当社が誇る『高い技術力+一貫生産体制+品質保証体系』という強みは、お客様のご意向に最大限に沿うべく、現在まで蓄積してきたノウハウと豊富な企業間ネットワークを生かして、単なる板金加工業に留まらない幅広い分野にチェレンジすることで、これまで多くのお客様から信頼を獲得してきました。
『企画・開発から図面作成・製品の機能検証、そして“ものづくり”へのこだわり』これが仁張工作所の企業姿勢です。

当社が誇る強み

板金加工へのこだわり

当社が得意とする板金加工、中でもスチールやステンレスの薄鋼鈑を主材料とする
精密板金加工・箱物板金加工の用途は、非常に広範囲に及びます。

板金加工へのこだわり

機械・装置・機器類の筐体や構成部品、建築物における構成部材や化粧カバー、家具や什器類、その他多岐に渡る業界・分野において、機能・デザイン・強度等その目的は様々なカタチで選択されています。時代の変化に伴い、形状やデザインが変化することはあっても板金製品・板金部品は絶えず求められています。言いかえれば、現代社会において板金加工は、いわゆる普遍的かつ必要不可欠なものであり、これから先の未来においてもそうであると言えます。仁張工作所はこの分野を生業とし、約50年間に渡りこの分野で社会に貢献してきましたし、これから先もそうでありたい、と考えます。その為にも、「常に新しい板金加工技術について積極的に学び、自分達のものとし、共有化することによって、技術レベルの高い信頼される会社」を目指していきます。

未来の製品創造

2000年以降スポーツロッカーの実績を積み重ねていく上で、
改善点等いくつかの気づきがあり、ものづくりする上での合理化があり、お客様のニーズの多様化がありました。

そのなかで気づかされたのは“いくら自分たちでプロット化(仕様決め)をしても、まったく同一仕様の製品が求められることはない”ということでした。
“仮に製品サイズは同じでもレイアウトや色やその他いくつかの点では決まってオーダーメイド的要素を含んでいる”ということでした。そういった様々なお客様の要求仕様すべてに対して、いかに完成度が高く、いかに作り易い製品づくりができるか、そしてお客様のこだわりをそのままカタチにすることができるかがオリジナル製品化への重要なポイントである、と考えました。
運用面・用途面をよく研究し、サイズや構造を取り決め、板金構造や組立易さを考慮したパーツ分け、仕様決めをしていきました。そこから生まれた仁張工作所のスポーツロッカーは、自社の保有設備・工法と照らし合わせた上で、一つの基本構造にまとめ上がりました。ヒアリング~設計~製作~納品・設置までトータルで対応できることで製品実現をすることができた完成度の高い製品である、と考えています。

板金加工技術

あらゆる産業機械・装置の筺体・部品加工における必須要素技術が、
箱物板金加工技術ならびに精密板金加工技術です。

板金加工技術

板金加工技術は基盤技術であるものの、ほとんどのメーカー様にとってそれ自体が商品価値を持つものではなく、箱物板金加工技術の場合は、“器”とか“化粧・保護するもの”に過ぎず、精密板金加工技術についても商品を構成する脇役に過ぎません。
当社では昭和39年の創業以来、要素技術である箱物板金加工・精密板金加工技術のノウハウを蓄積してまいりました。当社は板金設計技術と板金加工技術を基軸に、設計から資材調達、NCT(ターレットパンチプレス)/レーザー複合加工、プレスブレーキによる機械加工、溶接組立、塗装、仕上アッセンブリーと一貫生産対応できる設備やノウハウを自社で保有し、メーカー様をはじめとする様々な分野のお客様のお役に立てるサプライヤーとして『板金加工の専門家集団』であることを事業の大きな柱としています。

お客様志向

時代の変化とともに、お客様からの要求も多様化しています。

お客様志向

板金サプライの短期集中化・オーダーサイズの短納期対応・板金以外の素材や加工方法を含めた完成品プロデュース・これまで板金では表現が難しかった球面デザインやグラデュエーションをもった色彩等…。
中でも、(お客様の製造ライン投入や店舗展開等に合わせた)適切ロットかつタイムリーなご提供(納品)は、ほとんどのお客様からのご要求に含まれる課題です。仁張工作所では、お客様の心強いパートナーであるべく、“最適ロット生産体制”・“委託加工先様を含めたネットワーク管理体制”を実現できる最適化された『生産管理システム』を武器にそれら課題の解決を実現し、自社とお客様のWin-Winの永続的な関係を築き上げていきたい、と考えます。